不登校の中学生が笑顔を取り戻すオンライン学習サービス「Mアカ」

「学校に行けない」ことの一番の問題って、
子どもから笑顔が消えていくことだ。
不登校のレッテル、見えにくい将来、周りからのプレッシャー。
モヤモヤした感情を理解してうまく表現することは、
大人にとっても簡単なことじゃない。
不快な感情に手を焼くのは大人も子どももきっと同じ。

でも、もしも。“感情”そのものを言葉のように理解できたなら。
半径5mの世界はもっと生きやすい場所に変わっていく。

学校に行けない中学生の君へ。

君だけの“感情”から始まる物語で、世界を変えよう。

世界を変える君の“感情”を、
Mアカで見つけよう――

“感情”を学んで笑顔を取り戻す

カナシミ、イカリ、フアン___。
時に人から笑顔を奪ってしまう不快な感情たちにも、本当は大切な役割があります。
Mアカは、一つひとつの感情を言語として学ぶことができるオンライン学習サービスです。

詳しくみる

Mアカでは、さまざまな事情から不登校になった中学生が”感情言語”を学ぶことができます。

「頭ではわかっているのに心がついていかない。」
「どうしてモヤモヤしているのか、自分でも分からない。」

不登校になると葛藤や混乱に苛まれる時間も増える一方で、感情を通して自分という人間を理解するのに適した期間でもあります。
一説によると2000以上もの種類があると言われる人間の感情の中には、扱いづらく遠ざけたくなるような不快な感情も存在します。
しかし、自己肯定感や主体性を育むために、大切な役割を秘めているのも実は不快な感情です。
不快な感情をテーマにしたアニメーション教材や心の伴走者エモメンターのサポートにより身につく”感情の読み書き能力”。
それは、我慢しなくていい<悲しみ方>や誰のことも傷つけない<怒り方>といった新しい感情との出会いをもたらします。

感情言語を不登校の期間に学ぶことは、子どもが自分らしく豊かに生きる土台となる自己肯定感の形成につながります。

子どもに笑顔が戻る4つのステップ

不登校の子どもに贈るMアカのメイン教材は、毎月1話ずつ届くストーリー形式のアニメーションとワークです。個性豊かなこじらせキャラクターたちの物語で、“感情”の捉え方が180度変わる体験をお届けします。まずは、6ヶ月の感情言語基本コースで、笑顔を取り戻す4つのステップをクリアしましょう!

“感情言語”基本コース ― 笑顔を取り戻す4つのステップ

笑顔でつづけられる3つのポイント

ポイント1 夢中になるワクワクのアニメーション教材

3つのポイント

教材動画を作成するのは、若手のシナリオライターやアニメーターです。
個性豊かな登場人物(不登校な自分に胸を張る子やひきこもりの漫画家など)による物語仕立ての動画で、エンターテイメント×ラーニングを実現。

ポイント2 負担にならずにスイスイ進む安心のカリキュラム

3つのポイント

教材は認知心理学(メンタルモデルメソッド)の専門家との共同開発。
不登校を”自分らしさの再構築の期間”と捉え、学校に戻すためではなく笑顔が戻るための教材設計を大切にしています。

ポイント3 自己肯定感をチャージするエモメンター

3つのポイント

エモメンターは学びの疑問への回答や気持ちのケアを行う感情の専門家。
“不登校の子”と一括りにまとめず受講生の個性に合わせたサポートを行い、新しい自分に出会えるきっかけを提供します。

サムネイル

不登校なこもりっ子が笑顔を取り戻す方法

不登校の子どもが意欲や自己肯定感を取り戻す方法を、全4話のアニメーションでご覧いただけます。本サービスをお申し込みの前にまずはご覧ください。
不登校に限らず、お子様との関係性にお悩みの保護者の方にもオススメです。
登録は無料です。

べーやん

学長あいさつ

べーやん

ベーやん

地球を救うために転生してきたモフモフの生命体で、Mアカ学長。
人類の救世主は不登校の子どもから現れると考えている、らしい。
そんな学長からのごあいさつ。
もっと見る

よくあるご質問

Mアカの対象は不登校の中学生のみですか?

Mアカの教材は、中学生以上を想定してつくられています。
中学生以上であれば不登校に限らず、“感情の読み書き”を通じて、自分の特質を理解し、人生を切り拓く土台となる自己肯定感を育みたいと考えるすべての方が対象です。

不登校の子どもでなくても良いですか?

勿論、大丈夫です。不登校と言っても、さまざまな場合があると考えています。
「学校に行きたくない」と思いながら学校に通っている。人間関係で悩みを抱えている。勉強に手がつかず燃え尽き症候群のようになっているなど、様々な要因で無力感や孤独感を抱えている状態の子どもにMアカはお役に立てると考えています。

学校の勉強や受験に効果はありますか?

Mアカでは、不登校の子どもが“感情の読み書き”を通じて、自己肯定感や想像力などの非認知能力を身につけることを目的に教材を開発しています。非認知能力は、「テストなどでは数値化できない人生を豊かにする力」として注目されており、学習の遅れを取り戻す/偏差値を上げるといった認知能力を高めることにもつながります。

この教材ではどんな力が育まれるのでしょうか?

「自己肯定感」「メタ認知能力」「意欲の回復」「他者視点の獲得」「クリエイティビティ」を代表とする非認知能力です。
アニメーション教材とエモメンターの存在により、感情を手がかりに自分の特質や願いを知り、ポジティブな行動へつなげることをサポートします。
詳細は、こちらから動画をご参照ください。

もっと見る

不登校の中学生が笑顔を取り戻すオンライン学習サービス「Mアカ」

対象 中学生以上(主な対象は不登校の中学生)
内容 1話50~60分のアニメーションとワークで構成される感情言語能力育成教材
(アニメーションは毎月1話ずつお届けします)
エモメンターによるワークの添削
プラン パーソナルプラン 月12,000円(税込)
ファミリープラン追加アカウント 月6,000円(税込)
対応機種 【PC】Windows 7/8.1/10、MacOS 10.10以降
【スマホ、タブレット】Android OS / iOS
【ブラウザ】Google Chrome、Fire Fox、Microsoft Edge、Safari
その他 通信環境必須