メンタルモデル学習

自分を解き明かして、才能に出会おう

メンタルモデル学習

「自分って一体、どういう人なんだろう?」
「自分にはどんな才能があるんだろう?」

この答えを見つけるためにあるのがメンタルモデル学習です。

メンタルモデル学習は、心の奥底に眠る、君の現実を創り出す『はじまりの場所』に立ち返る心の旅です。『はじまりの場所』は、例えるなら白黒のオセロのストーンのように、痛みと情熱が表裏一体で重なり合う無意識の世界です。
君の才能は、この『はじまりの場所』に秘められています。なぜなら、情熱から生まれるワクワクこそが、君だけの才能を創り出すエネルギーだから。

旅の入り口は、いま君が抱えている「学校に行きたくない」という葛藤です。葛藤から生まれる不快な感情の扱い方を身につけることで、自然と痛みにつながることができます。

自分の心の奥底の世界を探究した先に出会う、ワクワクの源。
そこにつながって生きる君の姿を、人は才能と呼びます。

メンタルモデルとは?

人は誰もが、外の世界に適合する過程で必ず「○○がない」という心の痛みを体験します。
幼少期に、二度とこの心の痛みを味わわないよう、無意識のうちに作り上げられる「しょせん世界は○○だ」「どうせ私は○○だ」という『あきらめの判決』を“メンタルモデル”と呼んでいます。
無意識の“メンタルモデル”を自覚することによって、痛みから逃れ続ける人生に別れを告げ、情熱が生み出すワクワクから生きることができるようになります